レイキ
  1. レイキタイム
  2. シンボルとマントラの使い方

シンボルとマントラの使い方

セカンドディグリーで学ぶ3つのシンボルに共通する使い方は以下の3つです。基本は「1回書いて3回唱える」。3つのうち、時と場所を考え、自分にもっとも合った方法を選びましょう。

ディグリーによって使えるシンボルに制限がありますが、以下のページで、とりあえず全てのシンボルとマントラを公開しています。

効果的にレイキを活用するには…

ここでは、より効率よく、効果的にレイキを活用するための方法を紹介します。

シンボルを描き間違えた場合

シンボルを描き間違えてしまったなら、もう一度正確にシンボルを描き直してマントラを3回唱えましょう。シンボルを間違えたからといって受け手にネガティブなエネルギーが流れることはありません。

シンボルを描く大きさは?

シンボルを描く大きさは、レイキエネルギーの受け手によって変えましょう。例えば、自分の体全体にレイキのエネルギーを浴びるときは大きく描き、コップ内の水を浄化する場合は小さくします。

シンボルのイメージの仕方

シンボルを心の中で描くときは一瞬でシンボルの形をイメージするのではなく、実際に手で書き順に沿って書いているところを想像しましょう。

マントラの唱え方

マントラを唱えるときには、そのマントラの波動が、全身・全細胞に広がるような気持ちで唱えましょう。

シンボルとマントラを覚えたらレイキを応用してみよう!

ページトップへ